名匠たちが作る博多節句人形
 

























博多といえば山笠
毎年七月一日〜十五日に行われる博多の総鎮守「櫛田神社」の祇園大祭です。
一日からは市内各所に飾り山笠が建てられ十日からは舁山と呼ばれる山笠が走り出します。
十五日早朝に行われる追山では博多の町が一気に盛り上がります。
博多っ子は祭り期間は「当番法被」と呼ばれる法被を着こなし腰には博多帯を締めて
町を歩きます。
博多人形でも多数山笠をモチーフにした作品が作られています。
ここではその一部を紹介いたします。

博多祇園山笠(隆作)
高さ42cm(旗まで)
31,500円

腰帯 6,090円
他にも楽屋帯(広巾)12600円があります。

祝いめでた
高さ 11cm
修一作 3,150円

祭りだオッショイ
高さ 17cm
四郎作 3,150円

おっしょい
高さ 8cm
秀一作 1,890円

 

男意気
高さ 8cm
秀一作 1,575円

 

一番山
高さ 8cm
秀一作 1,890円

山のぼせ
高さ 8cm
秀一作 1,575円

追山
高さ 8cm
秀一作 1,575円
山笠柄 扇子

2,100円

2,100円
テーブルセンター

10,500円

72cm×34cm(房まで)

12,600円

82cm×39cm(房まで)

15,750円

87cm×39cm(房まで)
テーブルセンターは、プラス10,000円〜20,000円で額縁に入れることが出来ます。
 Copyright2005(C)masuya co ltd, All rights reserved.